島村楽器 千葉店 シマブロ

島村楽器 千葉店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

カバーのススメ

今日和、伊藤です。

突然ですが皆様、楽曲のコピーとカバーの違いってご存知ですか?


音源を聞いて、スコアを見て楽曲を忠実に再現するのがコピー

楽曲を下に、受けて側の解釈を楽曲に反映して再現するのがカバー

というのが、一般的な解釈です。


よく、最近トリビュートアルバムやカバーカルバムといった名義のアルバムが多数発売されていますが、あれは文字通りカバー楽曲のアルバムですね。


じゃあ、どうやったら自分達のカラーを出したカバーが上手く出来るのか…

と言いますると…


感性デス。


実も蓋も無いので、話を続けます(笑)

耳コピをしてジャムって行くのが一番早いんでしょうけど、耳コピは苦手という方にはこんな方法があります!


まずは、DAWソフトを使ってバンドスコアを身ながらPC上で楽曲を完全コピー(歌なし)します。

※軽ーく言っていますが、実はこの工程が一番時間がかかります(泣)

自宅でドラムなんて録れないよーと悲鳴が聞こえてきそうですが、プラグインシンセを駆使してドン×2打ち込んじゃいましょう!

ステップシーケンスソフトが入っているDAWだと、MIDI鍵盤すら必要なくなるので便利かもしれないですね!

画像

※1 写真はcakewalk SONAR X1 PRODUCERの画面です。


完全コピー(歌なし)が出来る頃には、DAWソフトがガッツリ使えるようになっているはずなのでめげずに頑張りましょう!

ここまでのポイントは、エフェクターを使用しないで作ることです。


何故エフェクターを使用しないほうが良いのかというと…

DAWソフト内のプラグインで後掛けしてしまったほうが、色々と音色が試せるんで!

実は、恐らく掛かっているであろうエフェクターを違うキャラクターのエフェクターに変えるだけで大分曲の雰囲気が変わります。

試しに歪み系のエフェクトがかかっているものを全てコーラスだけにしてみてください!(笑)

もはや別の曲です(>_


DAWソフトで一度原曲を作ってしまえば、後はエフェクトを変えたり打ち込み画面で音を無くしたり増やしたりテンポを変えたり間を空けたりと、本来ならばタブーな原曲イジリが出来るんです!

更に、外部音源をMIXしたりと出来ることの幅が凄く広がります(^o^)/

画像

画像

※1

この後、いじった楽曲を自分達でコピーするという作業が待っているのですが…(笑)


是非×2、自分なりにカバーした楽曲をライブで披露したり録れコンに応募してみてください!

伊藤でしたm(_ _)m

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.