島村楽器 千葉店 シマブロ

島村楽器 千葉店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

スマートフォンをお持ちの方必見!!!

今日和、伊藤です。

今回は、iPhine&Andoroidをお持ちの方必見のブログです。

TC electoronicより発売されているコンパクトエフェクターに、Tone Printというシリーズがあるのはご存知ですか?

このシリーズの売りは、なんと言ってもPCからアーティストやメーカー推奨プリセットをエフェクターに落とし込めるという優れものです。

ここまでは、発売当初から発表されていたことなので既にご存知の方も多いと思います。

今日のお話は、この先のお話なんですが…

実は、このTone Printの機能がスマートフォンでも出来てしまうという素敵なお話なんです。

しかも、ギターを繋いだままで!


どういうことかと言いますと…

まず、TonePrintアプリ(無料)をダウンロードします。

今回は、My Pedalから選んで行きます。

ギターとエフェクターシールドで繋いでください。

まず、自分の持っているペダルを選びます。

画像

次に、好きなプリセットを選びます。

この時、1人のアーティストが多数のプリセットを用意していることがあるので良く選びましょう!

画像

選ぶと、こんな感じの画面になります。

画像

ここで、Beam to pedalをプッシュ!!!

画像

英語で出てますけど、要するにペダルのモードをTonePrintにして下さいということです。

画像

画像

ギターのボリュームとスマートフォンのボリュームをMAXにします。

画像

見ての通り、ギターのPUにスマートフォンを置いてください。

この時、必ずPUセレクターで選ばれているPUの上においてください。

20111226-P1060582.jpg

カウントダウンが始まり…

20111226-P1060570.jpg

ビィー/ガァー的な音が出ます!

20111226-P1060569.jpg

20111226-P1060576.jpg

この時、ペダルのLEDの色が赤→緑点滅に変わっていると成功です。

20111226-P1060572.jpg

20111226-P1060573.jpg

この方法なら、PCとエフェクターを繋がなくても簡単にTOnePrintが楽しめます!

TonePrintは上書きされていくので、気になっている音色をドンドン試していけます。

ライブ中でも、MC中に簡単に音色が変えられる優れものです。

店頭でも、試せますので是非×2試して見てください。

TonePrint対応機種は、

Corona Chorus

Flashback Delay

Hall of Fame Reverb

Shaker Vibrato

Vortex Flanger

の5機種です。

かなり感動する機能ですので、是非体感してください!

お待ちしております。

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.