読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 千葉店 シマブロ

島村楽器 千葉店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

塚田、リペアマンへの道 vol.2 調整編①

こんにちは!塚田です!!

最近涼しくなってきましたね。というより寒いです。
ギターにも厳しい季節の到来です、、、、
さて!第2弾の今回は調整についてです!
ギターは種類によってパーツも違えば、調整のやり方も違います。
今回は、代表的なものをご紹介します!!

ネック調整

まずはネックの反りを調整します!ギターのネックはの張力によって常に40kg以上の力がかかっています!
その力や湿度などの環境によって、ネックは反ってしますのです!
代表的な反り方は、に引っ張られるように反る順反りと、指板が山なりに反る逆反りがあります!
ではこの反り、どうやって確認するのか!
まずはギターをチューニングし、普段弾くときと同じようにギターを構えてみてください。そして1フレットと最終フレット(ストラトの場合)を押さえて、その中心あたりのとフレットの隙間で確認します!
ここの隙間が広いと順反り、隙間が無いと逆反りです!ちみにこの隙間はあくまで目安ですので過信は禁物です!
f:id:shima_c_chiba:20151027173055j:plain

そしていよいよコレを調整します!
調整は、トラスロッドというものをいじって行います!
トラスロッドとは、ギターのネックに入っている補強材のようなもので、レンチで回すことによりネックの反りを矯正することができるのです!
ではどうやって回すのか、ロッドはこんな所から回すことができます!!
f:id:shima_c_chiba:20151027170423j:plain
f:id:shima_c_chiba:20151027174356j:plain
ヘッドだったり、、
f:id:shima_c_chiba:20151027174358j:plain
f:id:shima_c_chiba:20151027174104j:plain
ネックエンドだったりします!

因みに使うのは、こんな道具。
当店でも販売しております!
f:id:shima_c_chiba:20151027173108j:plain

さて、ご自分のギターのネックの状態は把握できましたか?ここからはいよいよ調整です!デリケートなので慎重に作業しましょう!
(ここからは取り返しのつかない失敗が起こることもあります。少しでも不安ならぜひ当店へお越し下さい!)

まずは、を全て緩めてあげます。コレが実は大切です!!

トラスロッドというのは先端を回せるように作ってあります。
ここを時計回りに回すとネックは逆反りします!
反対に、反時計回りに回すとネックは順反りします!
f:id:shima_c_chiba:20151027173047j:plain

つまり、、順反りを直したければ時計回り!逆反りを直したければ反時計回りに回すということです!!
なんともシンプルですね!!!!

、、、、ただこちら、古いギターだったり物によっては中でロッドが折れたり、指板が剥がれるなんてこともありえます!
なので、慎重に慎重に多く回しても1/4回転程度までです!そして回すたびにチューニングをして状態を確認しを緩め、、、、と何度も何度も少しずつ調整していきます。

理想としては、最初に紹介した方法で確認したときにとフレットの間がハガキ1枚分(0.2ミリほど)です!
かなりシビアですが、何度もトライしてみてください!!
とても地味な作業ですが、コレがギターを弾きやすくしてくれるのです!

今回は調整の基本でもあるネック調整でした!まだまだギターは沢山調整できる楽器です。
詳しく知りたい方、調整が不安な方はどしどし塚田を訪ねて来てください!!


※作業は全て自己責任でお願いします。

お問い合わせ

店舗名 島村楽器 千葉パルコ店
住所 〒260-0013]]千葉県千葉市中央区中央2-2-2パルコ7F
営業時間 10:00~20:30
電話番号 [043-221-3901
担当 塚田

お気軽にお問い合わせください。

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.