読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 千葉店 シマブロ

島村楽器 千葉店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

ギターシールド、弾き比べしてみました!Vol.2

シマブロをご覧の皆様、こんにちは!黒澤です!
前回に引き続き、今回もシールド弾き比べしてみました!
f:id:shima_c_chiba:20160128130810j:plain
前回は、「価格帯の違いによってどれだけ音は変わるのか」をテーマに
それぞれのシールドを使用し録音して比較・検証しました。
Vol.1の記事はコチラ↓
chiba.shimablo.com


さて!今回検証してみるのはこちら!

f:id:shima_c_chiba:20160128132823j:plain
お客様からもハイクオリティなサウンドと定評のある、
HISTORY/エリートシリーズより、
HES-3G/SS(エレキギター専用)HES-3B/SS(ベース専用)
HES-3A/SL(アコースティックギター専用)、これら3種類の
シールドをそれぞれ使用し、エレキギター「同じフレーズを録音」することで、
どのようにサウンドに変化が現れるかを検証したいと思います。

今回、使用するギターはこちら!

今回も録音風景はこんな感じです。前回と一緒(笑)

f:id:shima_c_chiba:20160128131848j:plain

使用DAWソフト

steinberg/Cubase Pro 8.5

それではさっそく聴いてみましょう!

HES-3G/SS エレキギター専用

HES-3B/SS エレキベース専用

HES-3A/SL アコースティックギター専用

総評

いかがでしたでしたか?
違いを知るために敢えてエレキギターでの録音を決行しましたが、
その甲斐あってか、波形を見ても違いが現れました。
エレキギター専用シールドでは全体的にブライトで音抜けが良く、
ベース専用シールドではしっかり低音部分が鳴ってくれています。
アコースティック専用では全体的にバランス良く感じました。
次回、Vol.3ではアンプで大音量で録ってみたヴァージョンをお送りします。
乞うご期待!

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.